自動車保険は使用目的がポイント?

保険 de マイル~保険の契約・見直しでANAマイルが貯まる「保険 de マイル」

ANAのマイルが貯まる保険サイト 保険の加入・見直しでお得にマイルが貯まる!

自動車保険は使用目的がポイント?

自動車保険の『車の使用目的』を決める基準をご存知ですか?
車の使用目的の正しい選択は、補償・保険料の面で重要です。

使用目的を選択するときのポイント

自動車保険では、「業務」「通勤・通学」「日常・レジャー」の3つに分類し、保険料を算出しています。 使用頻度が多ければそれだけ事故リスクが高まり、自ずと保険料も高くなります。「それだったら使用頻度を低く申告しておけば・・」と思うかもしれませんが、誤った申告を行うと補償を受けられない可能性があるので注意が必要です。

業務で使用

年間を通じて、週5日以上または月15日以上、業務に使用する場合。

通勤・通学で使用

業務目的以外で、年間を通じて、週5日以上または月15日以上、通勤・通学に使用する場合。

日常・レジャーで使用

「業務」「通勤・通学」の基準に該当しない場合。

*「年間を通じて」とは、保険始期日時点(保険期間の途中で使用目的を変更される場合はその時点) 以降1年間をいいます。

保険会社によって判定基準がちがう?

保険会社によって、使用目的の判定基準が違う場合がありますので注意が必要です。 最寄り駅まで車を使っている程度の頻度であれば、「通勤・通学」ではなく「日常・レジャー」に含まれますが、毎日のように車で最寄り駅まで行っている場合は「通勤・通学」に含まれます。

「通勤・通学使用」判定基準の違い一例 ※保険会社によって異なります。

  • 1.通勤・通学(最寄り駅などへ送迎する場合を含む)に使用する場合→日常・レジャー
  • 2.運転者本人が自らの通勤・通学に使用する場合→通勤・通学

適切な補償範囲にすることで安くなる!?

保険契約中でも使用目的を変えることができます。
例えば、下記の例のように「通勤・通学」を選択している方が、引っ越しで車通勤が必要なくなったというケースでは、使用目的を保険料の安い「日常・レジャー」にするべきでしょう。 逆に、「日常・レジャー」を選択している方が、月の半数以上車通勤するようになった場合も、使用目的の変更が必要です。

使用目的以外の事故で補償が受けられないということもありますので注意するようにしてください。

例/職場近くに引っ越し、車通勤しなくなった

使用目的を「通勤・通学」から「日常・レジャー」に変更し、普段の利用状況に応じて年間走行距離もあわせて見直すと、保険料を安くすることができます。

例/子供が学校を卒業し、送迎の必要がなくなった

使用目的を「通勤・通学」から「日常・レジャー」に変更することで保険料を安くすることができます。

使用目的が決まったら「SORAHO」で保険会社をチェック!保険料節約にお役立てください。→各保険会社で比較する。

自動車保険ページはこちら

自動車保険のお役立ちガイド 自動車保険を選ぶ際に知っておきたいポイントを、分かりやすくまとめました。

SORAHOとは

取扱・募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社