がん保険の見直しについて

保険 de マイル~保険の契約・見直しでANAマイルが貯まる「保険 de マイル」

ANAのマイルが貯まる保険サイト 保険の加入・見直しでお得にマイルが貯まる!

「保険deMILE」は2018年2月より「SORAHO(ソラホ)」にリニューアルしました。

がん保険の見直しについて

がんに対する治療方針や方法は日々変化しているため、
がん保険の補償(保障)内容もいまいちど確認する必要があります。

入院について

医療の発達とともに、がんに対する治療方針や方法は日々変化してきています。がん保険も例外ではありません。
以前のがん保険では、入院後数日経ってからしか入院給付金が出ないことがありましたが、1回毎の入院日数が短縮化する傾向にある現在は、入院給付金が出るタイミングも早くなってきています。入院1日目からはもちろんのこと、保険会社によっては、日帰り入院から保障を受けることができる場合もあります。
現在ご加入のがん保険で、入院給付金がいつから支払われる形になっているのか、ぜひ確認してみてください。

️通院について

1回毎の入院日数が短縮化するのと反比例するように、通院日数は増える傾向にあります。これは、治療法が発達し、人体に影響の少ない手術が多くなったこと、通院による抗がん剤や放射線治療を組み合わせることが多くなったことが主な理由です。
現在のがん保険では、この通院保障(※)は当たり前のものになっており、期間も長めに設定されていますが、通院保障は意外と新しい保障内容のひとつです。以前のがん保険では、通院保障自体がない場合もありますのでご注意ください。

※通院保障には、入院後の通院保障と入院に関係ない通院保障があります。

特約について

近年、放射線でがん細胞の増殖を防ぎ、縮小させる放射線治療が活用される機会が増えてきています。それに伴い、がん保険の特約も細分化され、より具体的な形で保障の範囲を決められるようになってきています。
基本となる抗がん剤治療、放射線治療はもちろんのこと、先進医療や乳房再建手術治療まで、現在加入しているがん保険でどのような保障を受けられるのかを知ることが大切です。組み合わせ方によっては、現在加入しているがん保険の保険料よりも安く、保障の範囲を充実させることができるかもしれません。

のりかえ前の注意点

医療保険とがん保険の大きな違いのひとつが診断給付金です。高額な治療費が必要になる可能性の高いがん治療では、心強い保障のひとつと言えるでしょう。しかし、がんと診断されるたびに必ずもらえるものではありません。
また、上皮内新生物(初期がん)では、診断給付金の支払い対象にならなかったり、駆け込み加入を防ぐための免責期間中に発症した場合は診断給付金を受け取れない場合もあります。保障が手厚い分、条件も厳しくなってくるということを忘れないようにしましょう。

のりかえのポイントは、入院・通院保障、そして特約。
ANA SKY コインが貯まる「SORAHO」で現在のがん保険と比べてみましょう。

自動車保険ページはこちら

SORAHOとは

取扱・募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社