がん保険と医療保険の違いについて

保険 de マイル~保険の契約・見直しでANAマイルが貯まる「保険 de マイル」

ANAのマイルが貯まる保険サイト 保険の加入・見直しでお得にマイルが貯まる!

「保険deMILE」は2018年2月より「SORAHO(ソラホ)」にリニューアルしました。

がん保険と医療保険の違いについて

医療保険に入っていれば、がん保険は必要ないのでしょうか?
がん保険と医療保険の違いについて確認していきましょう。

がん保険と医療保険の違い

医療保険はさまざまな病気に対応しており、がんの治療にかかる費用も保障されます。
しかし、入院給付金に制限があったり、また診断給付(一時)金がないなど、がん特有の出費に対応したものではありません。進行状況や治療方法で出費が大きく変わるがんの場合、この2つは重要なポイントになってきます。
また、がんは、経済的負担という点でも警戒すべき病気と言えるでしょう。医療保険に入っていない方はもちろんのこと、医療保険に入っている方も、がん保険特約への加入をおすすめします。

がん保険のよいところ

がん保険は、がんという病気に対してのみ保障が受けられるものです。保障内容も、がん特有の出費を考えた形で設定されています。がん疾患の大きなポイントとしては、入院・通院期間が長期に渡る可能性が高いこと、治療法によっては高額な費用がかかることです。もちろん、医療保険の他に高額療養費制度を利用することもできますが、払い戻しは限定的で、先進医療は適用外となってしまいます。
がんには、やはりがん保険が最適と言えるのではないでしょうか。

がん保険検討の注意点

がん保険は、がんという病気に特化しているため、通常の医療保険よりも安い保険料で大きな保障を受けることができます。しかし、その保障範囲はがんに限定されており、他の病気になった場合の補償(保障)は含まれていません。
今までの医療保険にがん特約を追加するべきか、それとも医療保険とがん保険に同時に加入するべきか。保険料、保障の範囲、これまで家族にがんにかかった方がいるかなど、さまざまな観点から、万が一のために備えておきたいものです。

ご自身にとって、どのような保障が最適なのか、
ANA SKY コインが貯まる「SORAHO」でチェックしてみましょう。

自動車保険ページはこちら

SORAHOとは

取扱・募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社