医療保険の医療費控除について

医療保険の加入・契約・見直しをお得に~医療保険比較中の方におすすめ!ANAマイルが貯まる「保険 de マイル」

ANAのマイルが貯まる保険サイト 保険の加入・見直しでお得にマイルが貯まる!

保険の加入見直しでANAのマイルが貯まる!

医療保険の医療費控除について

医療保険からの受取額が多いと、医療費控除を受けられない!?

医療費控除とは?

医療費を考えるうえでポイントになるのは、健康保険による3割の自己負担額、一定額を超える医療費の還付が受けられる高額療養費制度、そして医療費控除や医療保険に加入している方の介護医療保険料控除といった節税効果です。このうち医療費控除は、保険適用の範囲で受けた年間10万円〜200万円までの医療費が対象になっており、同世帯全員分を合算することができます。医療保険から受け取った入院給付金などは差し引く必要があり、差し引き額が医療費を超えた場合は、控除を受けることはできません。

同世帯の医療費の合計 ー 医療保険等で支給された金額(*1)—10万円(*2)=医療費控除

*1:高額療養費制度還付金、医療保険の各種給付金など
*2:所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額

医療費控除の適用される場合

医療費控除が適用されるのは、各種手術、入院・通院による病気やケガの治療、出産にかかる諸費用、歯科費用、医師が処方した医薬品など治療を目的にしたもの、そして、特定健康検査や保険指導など予防を目的にしたものとなります。医師が必要と判断したものや治療目的であれば、通院のための交通費、マッサージや針、眼鏡やコンタクトレンズ、松葉杖などの購入、さらには健康保険適用外になる差額ベッド代やレーシック代まで幅広く認められています。医療費に関わる領収書は必ず保管しておくようにしてください。

医療費控除の適用されない場合

逆に、医療費控除が適用されないのは、医師が必要と判断したものや治療目的ではものです。例えば、同じコンタクトレンズでも、医師が必要と判断していないものは医療費控除から除外されます。その他、美容整形、予防注射、異常がない状況での定期検診や人間ドッグ、歯科医での歯石除去費用なども適用外となります。医療費控除は節税のためのものです。世帯全員が1年間に使った医療関係費のなかでどのような費用が適用されるかをよく調べ、確定申告を忘れずに行うようにしましょう。

医療保険を選ぶときのポイントはその他の医療制度とのバランスです。ANAマイルが貯まる「保険 de MILE」でじっくり調べてみましょう。

自動車保険ページはこちら

医療保険のお役立ちガイド

保険 de MILEとは?

取引・引受保険会社16社 約40商品以上! ご契約のたびに最大500マイルが貯まる!(保険商品により異なります) ANAグループだからこその安心と特典をご用意!

3ステップでANAマイルが貯まる!

ステップ1:ネット、またはお電話でお申込み ステップ2:保険料のお支払い ステップ3:ご契約の成立(保険証券は郵送です)

一定期間経過後に…※マイル積算!貯まったマイルは旅行やショッピングなどに便利!

取扱・募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社