クレジットカード付帯されている海外旅行保険で充分?不充分?

保険 de マイル~保険の契約・見直しでANAマイルが貯まる「保険 de マイル」

ANAのマイルが貯まる保険サイト 保険の加入・見直しでお得にマイルが貯まる!

「保険deMILE」は2018年2月より「SORAHO(ソラホ)」にリニューアルしました。

クレジットカードに付帯されている海外旅行保険でも補償を受けることができます。
万一のとき、クレジットカード付帯の保険だけで充分な補償を受けられるでしょうか。

クレジットカード付帯の保険とは?

クレジットカードには海外旅行保険が付いているものもあります。補償内容は、死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、賠償責任、救援者費用、携行品損害などです。
年会費無料のクレジットカードより年会費のかかるクレジットカードの方が手厚い補償が受けられるようです。

「保険が有効になる条件」

海外旅行でクレジットカード付帯の保険が有効になる条件はカード会社によって異なります。クレジットカードを所有していても、航空券やツアー料金、旅行先の商店などでクレジットカード決済した場合のみ有効になるなど、各社ごとに条件があります。

「補償の内容」

こちらも各カード会社によって異なりますが、補償内容が限定されている場合が多いようです。例えば、治療費は補償されず死亡時のみ補償される、持病の悪化は補償されないなど各社ごとに条件があります。

トラブル発生時、クレジットカードの付帯の補償のみの場合

「医療費」

海外の医療費は日本の医療費と比べて高額になる場合が多いです。日本の健康保険が適用される場合がありますが、日本国内で同等の治療を受けた場合の医療費が基準になるので、多額の自己負担が生ずる場合があります。また、健康保険適用は帰国後に申請してからなので、まずは旅行先で全額負担する必要があります。数百万円や数千万円を請求される場合も少なくないので、もし補償限度額が数十万円だと圧倒的に足りないですね。

「トラブル時の対応」

旅行先でケガをさせてしまった場合や手荷物・航空機遅延が起こった場合、自分で対処する必要があります。病院やホテルの手配をしようにも現地の言葉がわからない、費用を支払いたくても現金が足りない、カードの限度額を超えてしまったなど、考えるだけでも恐ろしい事象ですが、現実に起こらないとは限りません。海外での万一の場合に、日本語で相談できる窓口をしっかり確認してからご出発下さい。

クレジットカード付帯だけで充分でしょうか?

判断基準は「ご自身が何に対して不安に思っているか」です。
まず、ご自身が何に対して不安に思っているかを整理します。旅行先で病気にかかることが心配なのか、携行品の損害や盗難が心配なのか、トラブル時に日本語で相談できるサポートがほしいのか、などです。
次に、トラブル発生時に高額の費用を支払えるかを考えてみましょう。例えば、海外で医療を受けた場合、非常に高額になることが多いです。

海外旅行先での医療費についてはこちら

入院ともなれば数千万円を請求されることもあります。そんなとき、ご自身に支払能力があれば良いのですが、もしそうでない場合、多額の借金を背負うことになり、あなたの人生設計が狂ってしまいます。
このように、「必要に思っている内容が補償されない」、「補償されても補償金額が不充分」など、心もとない思った場合は保険会社の用意する海外旅行保険に加入することをおすすめします。
必要な補償だけ選択して加入することもできるフリープランもございますので、一度検討してみましょう。

海外旅行保険のフリープラン・バラ掛けについてはこちら

ほとんどの場合、クレジットカード付帯の保険より保険会社の保険の方が補償内容が充実しています。必要な補償を確実に受けるために、ANA SKY コインが貯まる「SORAHO」で比較検討してみましょう!

海外旅行保険ページはこちら

海外旅行保険のお役立ちガイド 海外旅行保険を選ぶ際に知っておきたいポイントを、分かりやすくまとめました。

SORAHOとは

取扱・募集代理店:ANAファシリティーズ株式会社